NO.107 妻の愛、娘の時(相愛相親)

監督:張艾嘉(シルビア・チャン)

出演:張艾嘉 郎月婷 田壮壮 宋寧峰 李雪健 王志文 劉若英(レネ・リュウ) 

2017台湾・中国 121分

  








高校のベテラン教師・岳慧英は母を亡くし、かつて田舎で葬られた父の墓を自分の住む町に移して母とともに葬ろうと考えます。
彼女は早速父の実家に改葬の交渉に赴き、村長に金を渡して墓堀りの段取りまでしてしまいます。ところが実家では父の最初の妻が墓を守っていて、墓を移し愛人と合葬することなど認めないと、墓の上に座り込み抵抗します。
実母を愛人扱いされた慧英は怒り、両親の正式な結婚を証明するために、ヒステリックと言ってもいいほどに髪振り乱し、役所を駆け回ります。いっぽう、田舎の元妻も同じように自分の結婚が正当なものであったと証明しようとします。
その間に立つのはテレビ局に勤める慧英の娘、薇薇。彼女はTVの企画として祖父の元妻に興味を持ち、取材をしようとたびたび訪ねるうちに心を通わせていきます。
娘、薇薇には歌手で、北京に行こうと考えている恋人がいますが、彼を家族に紹介することができません。家族に「したいことは必ずやり遂げる」と評されている母の期待や束縛に、娘は辟易としていますが、いっぽうで母の価値観を共有してもいて、恋人のもとに踏み出せないでいるのです。また、恋人と彼につきまとう(と見える)女友達の関係も気になり、置き去りにされそうな自分と、祖父の元妻とを重ねてしまったりもして、落ち着かない揺れる心で田舎に通うのです。



               ************           






墓問題と母娘の相克と、けっこう深刻なテーマで、現代の中国の家族や社会の抱える問題を垣間見せるところもありますが、全体を覆うユーモアセンスが秀逸で、額に立てじわを寄せて必死でありながら、なんか笑いを誘うような言動をするヒロイン慧英の戯画化された描き方や、不器用ながら誠実に見守り、なだめる夫の漂々とした感じがうまく描けていて面白く、印象に残ります。

この夫を演じるのは、監督としてよりも味のある中高年を演じる役者として見ることが多くなった田壮壮。すっかり高齢化?した李雪健や王志文がワンシーン出演ですが、しっかりと支え、レネ・リュウは夫婦の階上の住人で、夫が教官をする自動車学校に通う不器用な隣人として慧英をやきもきさせるという役回り。皆、楽しそうに演じています。さすがのキャスティングと脚本の妙に、うまいなあ!シルヴィア!と思わせられた1本です。

ちなみに、この映画の縁でレネ・リュウは周冬雨・井柏然主演、田壮壮が父親役で支えた『后来的我们』(2018)を初監督し話題になりました。


             ************* 
                   


   

      電影倶楽部例会

      日時 2019年7月6日(土)12:15~

      場所:立川・中華五十番3F 042-522-7472

      費用:1050円(昼食代)








参加お申込みは 多摩中教室掲示板、または xiaolin091@gmail.com  にご連絡を(当日朝9時まで)



     


コメント

このブログの人気の投稿

NO.104  52Hzのラブソング

NO.106   活きる(活着)

NO.101   藍色夏恋(藍色大門)