NO.112  迫り来る嵐(暴雪将至)


監督:董越   

出演:段宏  江一燕 杜源  

   鄭偉  鄭楚一  

2017 中国 119 


 
 




 全編これ雨!雨!しかも冬の雨-舞台は湖南省衝陽の街で案外寒くはないのかもしれませんが、暗い、重い、しかし息もつかせぬ展開で迫ってきます。時は90年代後半、経済発展に向けて中国社会が激変していた時代、それまでの国営工場による経済文化が廃れ、不安の中でよりどころを失っていた人々の姿が描かれた本格サスペンス映画。

工場の保安担当、単純な正義漢で上昇志向派?に見える主人公が、近くで起こった連続殺人事件の犯人を追ううちにどんどん自分が追い詰められて、一緒にいた部下を死なせ、恋人にも自殺され、自身もストーカーのように狂気じみていく、迫真の段奕宏の演技・・そして最後に実はその事件そのものがあったのかどうかさえひっくり返すような、記憶の不確かさにまで迫る構成。そこに中国の90年代の問題を映し出すような社会的視点もからめます。中国版『殺人の追憶』などとも言われましたが、男性・非刑事側の『薄氷の殺人』という感じも・・・主役の段奕宏は2017年の東京国際映画祭では、それぞれ違った役柄で3本の映画に登場し大活躍でした。この映画で、主演男優賞を受賞。映画祭のQAに現れた素顔?はわりと「普通の」オジサン(オニイサン?)でした。

監督は自ら脚本も書き、この映画で長編デビューを果たしたドン・ユエ。ダイナミックなアクション、息もつかせ展開のエネルギーに圧倒されますが、一方主人公と愛する女性との絡みでは、主人公の不安や切なさもしっかり描き、実力を感じさせます。



以下の上映会については、コロナウイルス蔓延の危機により、多摩中国語講習会の授業が2月26日~3月7日まで休講になったことにともない、とりあえず、中止・延期とさせていただきます。急なことで申しわけありません。再開の日程が決まれば、あらためてご連絡しますのでよろしくお願いします。(2月26日)


上映会のおしらせ


日時 2020年 2月 29日(土)13:15~(開場12:45)

場所:立川・多摩中教室(中国料理五十番4F)  

費用:無料(昼食会はありません。お昼はすませて、または会場でどうぞ)




参加お申込みは 多摩中教室掲示板、または xiaolin091@gmail.com  にご連絡を

(当日参加も歓迎しますが、会場設定の都合もありできれば前もってお知らせください)





コメント

このブログの人気の投稿

NO.108 十年

NO.109  29歳問題(29+1)