投稿

NO.104  52Hzのラブソング

イメージ
監督:魏徳聖                     出演:林忠諭(宇宙人osmos people・小玉) 莊鵑瑛(元綿花糖・小球) 舒米恩(トーテム・スミン) 陳米非(小男孩楽團・ミッフィ) 林慶台 趙詠華 張榕榕 范逸臣 田中千絵

  2017 台湾  109分
今回ご紹介するのは、『海角七号 君想う、国境の南』『セデック・バレ』の監督、『KANO~1931年海の向こうの甲子園』のプロデューサーとしておなじみの台湾のヒット・メーカー、魏徳聖監督が6年ぶりにメガホンをとった話題作です。撮る作品ごとに色合いが違う魏映画ですが、過去の3作は台湾と日本の歴史的な事件や関係の上に立つ物語という共通性がありました。でも、今回は、そういう意味ではまったく、全然違った味わい!…現代の台湾の都会を舞台に、ヴァレンタインデイの1日、恋人のいない花屋のオーナー女性と、注文を受けたチョコレートが、自分が想いをよせる女性からその恋人に贈られるものだと知りながら配達するパン職人。配達車の接触事故からこの日行動をともにすることになった2人と、彼がひそかに愛する、その女性・その長年の恋人など、周辺の人々をからめ、オリジナル17曲を配したおとぎ話のようなカラフル・ポップな色合いのミュージカル・エンターテイメントです。

 メインキャストは台湾でも有名なバンドやユニットの若い実力派ミュージシャンたち。さらに『セデックバレ』や『天空からの招待状』ですばらしい歌声を聞かせた林慶台(本業は牧師さん)、ベテラン歌手の趙詠華などを配して、聞きごたえ見ごたえのある楽しい(話の中身はちょっと切ないけれど)作品にしあがっています。映画のオリジナル楽曲の作詞は厳云農、作曲は李正帆、李王若涵(ジェニファー・ジョン・リー)、台湾ポップスを代表する黄金チーム。それに出演者たちが提供した曲も含まれています。題名の「52Hz(ヘルツ)」はこの周波数の音を発するのは世界で1頭だけというクジラの発する音の周波数。他のクジラとは周波数が違うのでコミュニケーションが取れず、大海をさまよう淋しいクジラと、登場人物たちを重ねているというわけでしょう。
 日本初映は2017年春の大阪国際映画祭。その年末には東京でも劇場公開されたものです。年末お忙しい時期ですが、どうぞ心の洗濯?を。気楽に?お楽しみください。


                …

NO.103 長江 愛の詩(長江圖)

イメージ
監督:楊超  撮影:李屏賓 

出演:秦昊  辛芷蕾  王宏偉 2016 中国  115分









 今回は名匠・李屏賓のカメラで、上海から上流まで全長6300キロ、長江の姿を堪能していただこうと思います。悠久の大河・長江ですが、2009年三峡ダムが完成し、中国社会の急激な経済発展のもと、その姿は大きく変貌しました。映画はそんな長江を上海からさかのぼっていく貨物船の船長を主人公に、人も景色もあますところなく描き出します。
**************
 高淳は長江で荷を運ぶ貨物船広徳号の船長。都会に出ていましたが、父の死後、後を継いで船に乗り込むことになりました。違法な荷物の運搬を請け負って上海から長江をさかのぼる船旅に出る高淳。オンボロ船の広徳号はときに故障して止まってしまいますが、あるとき機関室で父が残した?手書きの詩集がみつかります。するとそれに伴って船はゆっくりと動き始める…「長江圖」と題された詩集に導かれるように、彼は長江をさかのぼっていきます。詩集には船の停泊地である南京、銅陵、武漢、宜昌と順次地名が書かれていますが、それぞれの地に着くたびに高淳は一人の女性と遭遇することに気がつきます。同じ長江に浮かぶ船に乗り込んでいる船員として、沿岸の町のの娼婦として、ダム建設の余波で捨て去られ荒廃した村にたたずむ女性として、会うたびに彼女、陸安は姿を変え、しかもだんだんと若返っていくようでもある。謎の女性に高淳は恋します。しかし三峡ダムを越えたあたりで彼女はふっつり姿を消し…いくつかのミステリアスな事件もからみますが、謎の解明よりは人物の感情を中心に描いた、幻想的な物語ですので、筋を追ったり論理性を求めると「わけがわからない」という感じになりそうです。陸安は最後に姿を現しますが、さあ、彼女は何だったのか…「長江の精」だったのだという説については監督自身が「否定はしないが、単純な説だ」と論評しています。つまり、見る人によっていかようにも解釈ができる物語であり登場人物だということでしょう。


 **************** 楊超監督は3年かけて7回の脚本改訂、長江を上り下りしてロケハン、準備をしたとか。全体では60日の撮影期間中40日は長江の船上で。寒い時期だったので役者もスタッフも大変苦労したようです。この映画には『長江の眺め』(監督=徐辛)というサイド・ドキュメンタリーもあって…

NO.102  ウルフ・オブ・ウォー 戦狼Ⅱ

イメージ
監督:呉京 出演 :  呉京 フランク・グリロ セリーナ・ジェイド2017 中国  123分






中国では17年夏の公開大ヒット、日本では昨年の10月中国映画週間での初公開、そして冬にはたちまちに劇用公開され、初夏にはDVD発売された異例のスピード公開話題作です。
実はこの映画は呉京が私財を投じて製作したという『戦狼』シリーズの2作目。『戦狼Ⅰ 傭兵部隊 vs PLA特殊部隊』(15)は、演習中の人民解放軍を麻薬王に雇われた傭兵部隊が急襲し、これを戦狼部隊が撃退するというもの。初めて作られた大規模な国産ミリタリーアクションで、中国国民の愛国心を刺激する内容から、約94億円のヒットを記録する一方で、「国策プロパガンダ映画」という強い批判も受けました。なぜなら、主人公が人民解放軍の現役兵士、敵対する傭兵は元ネイ元ネイビーシールズ(米海軍特殊部隊)というわけで、「中国軍がアメリカ軍より優れている」というメッセージが容易に連想される物語だったからです。 さらなるヒットを遂げた『戦狼Ⅱ』では批判にこたえたのか、露骨なプロバガンダは少しソフトに。
 舞台はアフリカ某国、物語の最初で、ある事件により人民解放軍の軍籍を剥奪された主人公レン(呉京)はこの国で現地の人に慕われつつ商売をしています。そこに突如起こる反政府軍のテロ。その正面に立っているのは白人(国籍不明)率いる傭兵軍団で、なんともまあ残虐な殺しの場面が続きます。レンは奥地の村で、中国の海軍から伝染病と闘う医師を救出するというミッションを受けて、その反乱に巻き込まれ、取り残された中国人たちを救うことになります。中国企業が様々な分野でアフリカに経済進出し、多数の中国人が現地に出稼ぎに出ている現状を反映した設定、また、“内乱に巻き込まれた中国人を救出する”というのは2011年のリビア内戦時に224人の中国人を救出するため、政府が空軍輸送機と護衛艦を派遣したエピソードが取り込まれて中国人の共感を呼んだのかも。   レンは、今回は解放軍兵士としてでなく、個人的動機で戦うのですが、他国の海軍が皆引き上げる中で、アフリカを見捨てない中国人民解放軍がバックアップします。いささかご都合主義的ではあるけれど、愛国路線も盛り込み、レンの超人的な不死身の活躍が描かれます。 『シビル・ウォー/キャプテンアメリア』のルッソ兄弟の監修、撮影にはアクショ…

NO.101   藍色夏恋(藍色大門)

イメージ
監督:易智言 出演:桂綸鎂  陳柏霖 梁淑慧(梁又琳)  
2002 台湾・フランス 84分     




7月7日は七夕です。NHK朝の連ドラ『半分、青い』の鈴愛(スズメ)と律の誕生日です! というわけで?リクエストは『恋愛片』。映画の王道?として恋愛映画は多々あれど、今回はむしろ青春映画の金字塔?チラシには「台湾映画史に燦然と輝く永遠のマスターピース!!」とまでうたわれている『藍色夏恋』をご紹介します。製作・台湾公開は2002年。奇跡的と言われるヒット作に。カンヌ映画祭、東京国際映画祭など様々な映画祭にも正式出品されました。日本では翌年の夏(手元にある紹介の朝日新聞は9月8日付なので、むしろ晩夏?)公開でしたが、台湾での評判を聞いて、早く来ないかと待ちかねていたのを思い出します。あれからすでに15年。この4月からデジタルリマスター版が『台湾巨匠傑作選2018』(K’Sシネマ)で上映されたのを機にご紹介します。
                  ******
 17歳の夏、高校生・孟克柔(モン・クーロウ)は、親友の林月珍から、水泳部の張士豪に恋をしていると打ち明けられ、頼まれてラブレターを渡します。ところが恥ずかしがった月珍が差出人に克柔の名を書いてしまったことから、誤解が生まれ、士豪は克柔が好きだとアプローチを始めます。自分が蒔いた種とはいえ、2人の仲が進んでいくのが不安でたまらない月珍。一方克柔は士豪に好感は抱くものの、なかなか心を開こうとはしません。ある夜、人気のない体育館に克柔を呼び出した士豪は、お互いの秘密を打ち明け合おうと持ち掛けます。そこで克柔が士豪に告げた秘密とは…。
 恋なのか友情なのかわからない感情に揺れる少女、そんな少女に恋心を直球でぶつける少年、そして素直に恋心を相手に伝えられないもう一人の少女の思いが交錯します。少年が泳ぐ夜のプール、体育館、並木道を並べて走る自転車など、いかにも青春というさわやかな背景に、ピュアで透明感を感じさせる「恋」を描いています。それより前の台湾の恋愛映画、わりと暗い鬱屈した感じの作品が多かったのですが、この後、若い監督たちの新青春映画―『あのころ君を追いかけた』『BF&GF』など―が作られるようになります。いわば、その先駆けになった作品でもあります。
 当時実年齢で、街でスカウトされ、ワークショップを経てこの映…

NO.100 グリーン・ディスティニー(臥虎藏龍)

監督:李安(アン・リー)  出演:張潤發  章子怡  張震   楊紫瓊(ミッシェル・ヨウ)鄭佩佩(チェン・ペイペイ)2000中国・米国      

おかげさまで、いよいよ100回の電影倶楽部です。100回例会は何にしようか・・けっこう悩んだ1ヶ月。会員さんからは「武侠映画をみたい」の声もあり・・・100回ならではのメモリアルになるような作品(ちょっと豪華大作? 話題作というところでしょうか)がいいし・・・というわけで、おお、ありました!ピッタリの名作が・・・・2000年アカデミー最優秀外国映画賞、撮影賞、美術賞、音楽賞受賞、台湾金馬奬、香港金像奬でも多部門受賞に輝き、当時話題をさらった『グリーン・ディスティニー』をご紹介します。李安作品は、多摩中でも『ラスト、コーション』(75回)、『ウェディング・バンケット』(78回)『恋人たちの食卓』(79回)、『推手』(81回)と見てきました。
                ******
この映画は、1920年代にかかれた王度蘆の武侠小説が原作。武侠映画の古典的名作『侠女』(71年 胡金銓監督、昨年デジタルリマスター版が公開されています)の名場面のオマージュとして有名な竹林の剣戟シーンなどもあって、中華圏独特の武侠映画というジャンルの魅力を海外に広くアピールし、ワイヤー・アクションをハリウッドにも定着させるなど、中国語映画や中華圏映画人の国際進出にも大きな働きをした記念碑的な作品です。
物語は名刀「碧名剣」をめぐる主人公・李慕白、妹弟子・愈秀蓮 対 貴族の娘・玉嬌龍、その師の争いを描きます。『初恋の来た道』の章小怡が舞踊で鍛えたその身体能力を生かして、竹林を飛び回るワイヤー・アクション、またちょっと敵役的な性格も持つ個性的なヒロイン玉嬌龍に挑戦。彼女の師にして、周潤發演ずる李慕白の敵役碧眼狐狸(ジェイドフォックス)を演ずる鄭佩佩は 60年代に胡金銓の『大酔侠』でブレイクし「武侠影后」と言われた人。ミッシェル・ヨウは現代の香港映画女性のアクション第一人者、というわけで、女性たちがいずれも見ごたえのある剣戟シーンを演じています。張震は、最近は『繍春剣 ブレード・マスター』(14年)続編の『修羅』(17年)などの武侠映画で大活躍ですが、この映画ではヒロインを愛する盗賊役でした。
               ****** 電影倶楽部例会
 …