NO.108 十年

エグゼクティブ・プロデューサー 蔡廉明(アンドリュー・チョイ)

『エキストラ(浮瓜)』監督:郭臻(クオック・ジョン)

『冬のセミ(冬蝉)』監督:黄飛鵬(ウォン・フェイバン)

『方言』監督:歐文傑(ジェヴォンズ・アウ)  

『焼身自殺者(自焚者)』監督:周冠威(キウイ・チョウ)

『地元産の卵(本地蛋)』監督:伍嘉良(ン・ガーリョン)

 
          
 2015 香港  108分 


 香港では「逃亡犯条例」反対から始まった大規模デモが相変わらず続いています。返還から20年余り、習近平体制化では一国二制度も危うく、香港に住む人々としては先の見えない中国化に恐れを抱かざるをえないということでしょうか。今回はそんな香港で若い監督たちが作った5本のオムニバス作品から成る『十年』をご紹介します。10年後の近未来の香港社会をイメージした、いずれも恐れを感じさせるような問題作。私は20163月の大阪アジアン映画祭でのプレミアム上映を見ましたが、上映後のQ&Aに現れた監督たちの若さと映画に対する真摯な姿勢に感心した覚えがあります。                                 
       

          ******************

『エキストラ(浮瓜)』国家安全法を成立させるため、政治家と黒社会が手を組み要人のテロを目論む。襲う相手は2大政党のトップのどちらか…ただし実行者には「殺さない」ことが命じられる…? 実行を命じられたチンピラやくざは生活苦から浮かび上がるために実行を決意するが…。
『冬のセミ(冬蝉)』発展の中で破壊されていく都市や自然をそのままの姿にとどめるため標本化する若い男女。
方言タクシー運転手に北京語試験が課せられ、北京語車しか客を拾えない地域が指定される…。その中で広東語しかしゃべれないある運転手の苦悩を描く。
『焼身自殺者(自焚者)』香港独立を目指し獄中ハンストで死ぬ学生、英国大使館前での焼身自殺が繰り返される香港、2014年の雨傘革命のシーンも盛り込みつつ、香港の苦悩を各界の著名人が語るという形をとるモキュメンタリ-。
『地元産の卵(本地蛋)』紅衛兵まがいの少年隊が店を回り問題のある表現を摘発し、現地養鶏場が閉鎖に追い込まれる香港。食料品店の親子のこれに対する抵抗を描く。

******************

2015年暮、香港では単館上映で始まった、制作費50万香港ドル(約750万円)のこの映画ですが、口コミで動員をのばし、最終興行収入600万香港ドル(約9200万円)に。翌2016年には香港金象奬最優秀作品賞に輝きました。さまざまな映画祭にも出品されて話題になり、その後『十年』プロジェクトとして、タイ、台湾、そして日本では是枝裕和監督の監修で、それぞれの『十年』が作られました。
私は、台湾編は未見ですが、タイ、日本と比べても、やはり香港篇の出来具合(コワさも含め)は一歩上かなと思います。日本公開は17年の7月でした。Navi:小林美恵子)



第108回上映会では、以下のとおり、この作品をご紹介します。
参加お申込みは 多摩中教室掲示板、または xiaolin091@gmail.com  にご連絡を(当日朝9時まで)

日時 2019年 8月 17日土12:15~        

場所:立川・中華五十番3F 042-522-7472         

費用:1050円(昼食代)     



多摩中国語講習会創立50周年記念誌     『華影天地ー電影倶楽部の選んだ中国語圏映画100本』小林美恵子・多摩中電影倶楽部編(2019・3)

過去15年100回にわたって行ってきた電影倶楽部例会でご紹介してきた映画100本について書いたエッセイ集です。ご希望の方には無料でお頒けしています。

xiaolin091@gmail.com

までお申し込みください。





コメント

このブログの人気の投稿

NO.112  迫り来る嵐(暴雪将至)

NO.109  29歳問題(29+1)