NO.110 芳華 Youth

監督:馮小剛(フォン・シャオカン)

出演:黄軒(ホアン・ジェン)

  苗苗(ミャオミャオ) 

  鐘楚曦(チョン・チューシー) 

 2017 中国 135分

               (日本語字幕付き)


     



お待たせしました! 前回終了後、諸事情により中断を余儀なくされた映画会ですが、環境・機材なども皆さんのおかげで整備ができて、あらたに多摩中教室にて、110回からの電影倶楽部例会を始められることになりました。
会員の皆さま、お友達などもどうぞお誘い合わせて、あまり見るチャンスがない
中国語圏映画をご一緒にいかがですか?
どうぞよろしくお願いします。例会情報は末尾に…

                *******

今回はリニューアル例会にふさわしい、大作、話題作?ということで『芳華』をご紹介します。

1970年代の中国、軍隊の文工団団員の若者たちの練習・公演や共同生活。新たに入隊してきた農村出身で周囲になじめない小萍と、彼女や周りの団員たちを常に支える模範兵だったものの、腰を痛めて踊れなくなり、また恋愛がらみの事件にいわば巻き込まれる形で団を去ることになる劉峰を中心に、彼らのその後の軌跡を、中越戦争を経て30年以上にわたって描いていきます。

この映画、中国での公開時には、当時の文工団員たちと同世代、いまや高齢に達した観客たちに大うけだったそうで、現代の中国の状況で置き去りにされた年代の人々のノスタルジアをかきたてるセンチメンタリズム?なんて思ったものですが、―ちなみに原作者の巌歌苓も、監督の馮小剛も文工団の出身です―、よく見ると、彼らの軌跡が、表立ってではないものの中越戦争の批判にもなっているのだな、とその社会性に改めて「発見」を感じました。
工団の若い女性たちのあでやか軽やかなバレーのシーン、その中での若者らしい確執、バリバリの戦闘場面などもあり起伏に富んだ展開で、娯楽性もさすがの馮小剛。原作は、多摩中講読クラスの教材としてお読みになった方もいらっしゃいますし、映画をご覧になったかたもあるかと思いますが、いい映画は2度、3度みてもそのたびに新しい発見もあり、違った楽しみ方もできます。どうぞお楽しみください。

リニューアル映画会

    日時 2019年 11月 30日(土)13:30~(開場13:00)

       今回は多摩中交流会当日となります。

       会員の皆様、映画会~交流会へのご参加よろしく

        

    場所:立川・多摩中教室(中国料理五十番4F)

    =今までの会場の1階上になります。

     立川市錦町1丁目4-5 立川駅南口から歩いて5分

     道順は   多摩中国語講習会 HPでご確認いただけます。
    連絡先:(当日電話など)090-8022-8686(小林携帯) 

    費用:無料(昼食会はありません。お昼はすませて、または会場でどうぞ)

参加お申込みは 多摩中教室掲示板、または xiaolin091@gmail.com  にご連絡を(当日朝9時まで)(当日参加も歓迎しますが、会場設定の都合もあり、できれば前もってのお申込みお願いします)

コメント

このブログの人気の投稿

NO.108 十年

NO.112  迫り来る嵐(暴雪将至)

NO.109  29歳問題(29+1)